特徴

ライブへのこだわり

● 「参加型」だから最後まで集中力が続く!

教壇でシナリオ通りの授業が展開され、生徒が授業中ひと言も発言しない… 
そんな一方的な授業をECC受験館では行っていません。
講師に当てられ発言する機会や意見を求められることもあるので、眠くならず緊張感を持って授業に取り組むことができます。
ECC受験館の授業時間は他塾に比べ長めですが、その分やる気や興味のわく工夫された授業を展開しています。
また少人数ではありますが、周りに同じ目標を持つメンバーがいますので、切磋琢磨できる環境があなたを強くしてくれます。

「発信力」は今後ますます重要視される!

2020年度以降、英語資格が採用されること(つまり英語のスピーキングが本格的に必要となること)や、国語・数学において記述が必要となることからも、今後ますます自分の意見を述べる「発信力」が必要となるのは明らか。
この力の育成は短期で簡単に身につけられるものではありませんから、日常の積み重ねがとても重要です。
ECC受験館では、邦人講師が授業内で、「なぜそうなるのか?」「このテーマについてどう思うか?」「他に例はないか?」など、生徒の考えを聞くことが頻繁にあります。自分の意見を英作して提出することも。もちろん答案を担当講師が添削してアドバイスしています。

● 最後に伸びるよう徹底的に基礎を作りたい!

予備校に多い「成績の良い生徒に合わせた授業」や「発展問題ばかりを取り扱う授業」は行いません
入試で読解問題しか出ないからといって文法問題をまったく扱わないなんてことはないのです。高い志望校であっても、合格に届く学力を段階的に身につけるための土台がとても重要です。
ECC受験館では志望校レベルに合った基礎から応用までを最短で習得してもらえるようなカリキュラムを年間で組み、授業を行っていきます。高い英語資格を取得している方でも、まずは受験英語の土台がきちんと整っているか確認しながら、さらに強固なものにしていきましょう。

● 少人数だからこそ「本当の理解度」を確認できる!

授業を受けただけで勉強した気になっていないでしょうか。
いくら分かりやすい授業を受けたとしても、実は生徒の理解度は個々によってさまざま。「完全に理解する」まで復習する人が少ないのも事実(完全に理解できる生徒はそもそも塾に通う必要がない方ですから)。 
ECC受験館では、その理解度や定着度を生徒任せにすることはありません。授業前後や次の機会に、復習的な内容や類題、発展的な内容をこまめに問いかけます。その解答によっては再度説明を加えたり、別方向からの説明を加えたりすることもあるのです。これが生徒の状況を見ながら進めることのできる少人数制ライブ授業の利点でもあります。

● 目の前の先生に聞ける 「即疑問解消」!

授業に関する「疑問」は発生するものです。
しかしなかなか「質問」にいかないのは、「分かっていない箇所が自分でもいまひとつわかっていない」「次の機会でいいやと思ったままいつの間にか消えた」 …そんな理由ではないでしょうか。
ECC受験館の講師は目の前にいるのです。しかも生徒は少数だから待ち時間なしにすぐ質問できます。
中には「質問に行きたいけどいけない…」そんな引っこみ思案の方もいるでしょう。安心してください。慣れるまでスタッフがサポートし講師とつなぎます。時間のない現役生にとってテンポよく学習を進めることはとても大切な要素です。
Copyright(c) 2017 ECC. All Rights Reserved.