ECC受験館とは

日本の教育はいま、大きな転換点をむかえています。小・中・高等学校を通じた英語教育改革を進めていく中で、大学入試においては2020年度から、センター試験に代わる新たな共通テストが実施され、英語資格の採用も予定されています。
これまで、大学受験指導35年の実績「ECC予備校」、中高生対象の英語専門塾として主に、外国語・国際系大学への合格者を輩出してきた「ECC英語塾」「ECC英語進学塾」は、これからの変化、そして受験生のニーズに応えるため、2017年から大学受験専門指導「ECC受験館」として始動します。「ECC受験館」では、文系理系問わず大学受験で最大のカギとなる英語を中心に徹底強化しつつも、他教科を含めた総合力をサポートし、志望大学合格へ導きます。また、総合教育機関ECCの指導ノウハウを活かし、大学受験突破のみに留まらない“真の英語力”の養成を行います。授業は、少人数制クラス授業またはWEB授業、個別指導で全科目設置、専門スタッフによる大学入試チュータリング、志望大学合格のための総合指導を実践します。
2020年度から実施されるセンター試験に代わる共通テストでは、主に覚えた「知識の量」が重視されてきた従来のテストに代わり、思考・判断・表現などの知識を「活用する力」が評価されるものになると言われています。英語においては、4技能(聞く・話す・読む・書く)を総合的に評価する必要性や、外部の英語力判定試験を活用することも予定されています。国語では80字程度の短文記述式を導入し、数学でも、数式などの記述を新たに課すとされています。また、国立大学協会は、国立大の2次試験で全受験生に長文の記述式問題を課す方針をまとめています。

英検®、TEAP、TOEIC®L&R、TOEFL®Test、IELTSなどの「外部の各種検定試験」を大学入試に活用する大学が増えています。

2016年度にAO・推薦・特別入試などで英語外部試験を利用する大学(例) ※一部学部・学科、入試方式で利用

関東圏

筑波大、上智大、ICU、青山学院大、法政大、中央大 など

中部・近畿圏

愛知県立、南山、神戸市外国語大、関西大、立命館大、関西外国語大 など
50年以上続くECCブランドへの信頼

ECCの誇り

英会話学習を中心としたECC外語学院を創業したのは1962年。それから50年。半世紀に渡って私たちは、語学教育に基盤をおきながら、その対象は幼児から社会人まで、領域は学習・受験教育、高等教育・職業教育、キャリア教育にまで広げ、さまざまな教育事業を展開してきました。
ただ単に「技術としての英会話を教えるスクール」だけにとどまらず、来たる地球社会時代に向けて、真に求められる人づくりに貢献できる総合教育機関であること。
それが私たちECCの誇りです。

 

ECCの名に込められた想い

Education Communication Community

高品質の「教育:Education」実践によって、
全ての人々との「意思疎通と総合理解:Communication」促進を通じて、
平和で豊かな「社会共同体:Community」のために。

Copyright(c) 2017 ECC. All Rights Reserved.